2

2019後期育成大会結果

大会結果

こんばんは、KamiPapaです!ついに更新を止めてしまったのか、、、と言われても仕方ないくらい今回も間が空いてしまいました。
言い訳はたくさん浮かびますが、子どもの手前言い訳はしませーん。

ということで、2019年最後の公式戦だった後期育成大会が行われました。
向山ナインスターズの結果は、残念ながら2戦2敗で準決勝には行けませんでしたが、子ども達サイコー!キャッチバレーボール最高!と思わせてくれる試合をやってくれました。

1試合目  VS 豊東キングアタッカーズ 0-2 (スコアをメモり忘れました)
2試合目  VS シルバーフェニックス 0-2 (14-15, 12-15)

今年の育成チームは助っ人の力を借りてなんとか試合に出られる状況でした。
更に直前にインフルエンザでサーブが入る2人が欠場に。
そんな中でもベストを尽して良い試合を出来ればと大会に臨みましたが、1試合目は途中まで競りながらも敗戦。。。
そして迎えた2試合目は前期育成大会で優勝しているシルバーフェニックスが相手。体格でも技術でも格上の相手である事は客観的に見たら間違いは無く。

しかしそんな相手に対し、強烈なアタックに何度もくらいつきラリーで粘る、速いサーブも臆せず取る、アタックも自信を持って打つ。4年生を中心にすごい集中力。優勝チームを相手に気づいたら一進一退の接戦になっていました。すると応援も盛り上がりチームは更に勢いに乗る。
練習で一度もサーブが入らない(どころかネットに当たったこともない)2年生がサーブを入れて決まった!と思ったら今度は助っ人で来てくれた子がスーパーキャッチをし得点を決める。みんながみんな見せ場を作って応援も最高潮となりました。(サーブが入った2年生は嬉しさで試合中に泣いていましたが私も思わずウルっともらい泣き。ベンチ失格ですね><)

私がキャッチバレーボールの魅力にハマったきっかけが3年前の育成大会だったことを思い出しました。その時は、一勝もした事の無い4年生が2人しかいないチームがあれよあれよと勝ち上がり準優勝した光景を見て感動したのでした。
その日と同じかそれ以上の驚きというか感動というか、がこの日もありました。

時に子ども達は信じられないような力を発揮します。それは大人の想像を超えます。その事を改めて思い知らされました。

2試合目の前に、応援に来てくれた先生にご挨拶
2試合目の前に、応援に来てくれた先生にご挨拶

レベルが上がりスポーツとしてのスリリングさのあるAチームの試合も感動深いものがもちろんありますが、私は育成大会によりキャッチバレーボールの子どもスポーツとしての魅力が詰まっていると思います。
そして子ども達から大人の方がたくさんの事を教えてもらっているような気がします。
「自分の力を信じて」「諦めない」この日の子ども達の方がよっぽど体現していましたね。

改めて、しっかりと向き合って練習・試合をサポートしなければ!と身が引き締まりました。頑張るぞ!(来年からかも・・・)

最後にこの日試合が出来るように助っ人ちゃん達に声を掛けてくれたお母さん達、そして調整して試合に出てくれた助っ人ちゃんと親御さん達、本当にありがとうございました。それが無ければこの日はありませんでした。
大会運営の方々、各チームの方々もありがとうございました!

という事で暑苦しい長文失礼しました。次回からは普通に戻ります(苦笑)
※この日はうちの奥さんがおらず、且つ自分の副審デビューもあったりで余裕がなく、全然写真がありませんでした。ごめんなさい<(__)>

Comments 2

  1. 応援素晴らしかったです!
    反対側のコートで審判してましたがビンビン届きました。
    選手のがんばりが、素晴らしい応援に繋がりますよね。
    ウチも向山さんを目標に頑張ります!

    1. Post
      Author

      コメントありがとうございます。仰る通り子供達が頑張ると応援が盛り上がり、またその応援で選手達が頑張れるという相乗効果がありますよね!開二さんに目標にされるとはおこがまし過ぎる話で、引き続き競い合わせて頂ければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。