開進ブロック大会結果 一部は早宮ブルーファイターズ優勝!

開進ブロック大会開会式

おはようございます、KamiPapaです。

昨夜は眠くて眠くて早々にベッドに入ってしまったため、朝の更新になってしまいました(汗)

昨日は、夏の大会の前哨戦、開進ブロック大会が行われました。

1部(A)は4チームの総当たり、2部(B)は3チーム総当たり×2。

では早速結果です。

1部(A)は、早宮ブルーファイターズが優勝。おめでとうございました!

 

2018年春 開進ブロック大会2

私はBチームのベンチに入ってたため、ほとんど試合を見られませんでしたが、スコアの通り完勝・圧勝だったようです。
昨年度優勝メンバーの多くが6年生として残り、更に守備も攻撃もパワーアップ。

チラッと見た中では、去年ハーフセンターの子が今年はエースアタッカーとして物凄いアタックを打ってたのが印象的でした。

我らが向山ナインスターズAは、初戦の早宮さんには負けたものの残り2試合に勝利し準優勝。

中でも開一レインボーズとの3セット目は、赤星監督曰く「新チームで練習して来た事が一番出せたゲームだった」ようです。

トップのチームとは差がある事はある程度分かっていた事だと思うので、ここから来年春までにどう差を詰め、追いついていくか。

その最初の一歩で、手応えや自信を掴めるモノがあったならばとても良かったのではないでしょうか。

 

 

続いて2部(B)の結果は、開一レインボーズさんと練東トパーズの連合チーム(開一練東連合)が優勝。
おめでとうございました!

(書きかけの表をパシャり)

2018年春 開進ブロック大会3

アタックの強さ、サーブ(レシーブ)力がほか2チームと比べて抜けていたのが開一練東連合さんだったように思います。
中でも5番の子の上から投げるサーブが強烈で印象的でした。
向山も何本も連続でやられたシーンがあり、そこが痛かった。。。
対する向山ナインスターズは、Bも準優勝(3チーム中2位)でした。
開一練東さんは書いた通り抜けている部分がありましたが、総合力ではそんなに差はなかったようにも思います。
スコアの通りほとんど接戦でしたし、先に14点までは行くのだけれどもどうしてもあと1点が取れない。
そして逆転されてしまう、という悔しい展開が多かったです。
ここ、という時に1本決められるアタック、ここ、という場面で強烈なサーブをしっかり取れるレシーブ、
本大会で勝つには、こういうところがあるか無いかが、明暗を分けるのだと思います。
それを身につけるには、やっぱり練習と自分で考えながら工夫してプレーすること、この2つしかないと思います。
Bも新チームになり試合に出始めた子が多い中で、良いプレーたくさんあったと思います。
またこれを糧に頑張りましょう。

尚、今回Bに関しては人数がギリギリだったので、助っ人として2年女子・3年男子が来てくれました。
1人はアタックで点を取り、もう1人は練習であまり入らなかったサーブを3連続で入れるなど活躍してくれました。
帰り際には3年男子の方が「またキャッチやりたい」とのこと。嬉しかったなー。また来てね。

ということで、2018年春の開進ブロック大会の結果でした。
ブロック大会運営の方々、各チーム監督・コーチ、もろもろ準備・手配・応援・審判・ビデオなどのお父さん・お母さんも皆さんお疲れ様でしたー。
来週土曜はいよいよ夏の大会の組み合わせ、もう少しですね。頑張りましょう。

 

 

(ブロック大会後も練習、練習!)

2018年春 開進ブロック大会4

※最新情報は本サイトのTwitter・Facebookからも発信していますので良かったらフォローをお願いします。お問い合わせも遠慮なく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。