後期育成大会振り返り&2018年の終わり

20181216育成大会午前2

こんにちはKamipapaです。
ボーっとしていたら、あっという間に大晦日になってました。ぜんぜん更新できてなくてすみません!

後期育成大会(12/16)が終わり、その翌週の土日の練習(&忘年会)で向山ナインスターズの2018年の活動が締まり、しばしボーっとしてたら今日だった(笑)という感じです。

まず後期育成大会

向山ナインスターズはD1とD2という名前で2チーム出しました。
結果はこちらの写真のとおり(泣)

20181216後期育成大会午前2

何といっても前期に続いて優勝目指していたD1の結果については、がっくしの一言に尽きたんじゃないでしょうか。 監督コーチ親御さん、そしてやってた子供たち自身も。
もちろん勝負は時の運もあるので結果にだけこだわっても仕方無いのですが、1試合目の序盤にカチコチで普段とはほど遠いプレーになり、そしてそれが影響して活気がないまま2セットまで行ってしまったように見えました(私は途中からしか見られなかったので見られた部分の印象ですが)。
結果的にこれから高学年になる4年生にとてもよい教訓になったと思います。もうきっとこんな悔いが残るような経験はしたくないと思ったのであれば、頑張りましょう。

そして、1年前と同じく私は低学年&助っ人ちゃんで構成するD2チームの監督を仰せつかりまして、指揮をとらせて頂きました。
こちらは試合を通じた経験の場、とにかく少しでも練習でやってきた成果が出せれば、という位置づけでしが、その中でサーブが初めて入る子も出ましたし、最初はなかなかサーブレシーブ出来ずに辛い展開でしたが2試合目は徐々にレシーブからアタックの形ができるようになったりして、有意義な時間だったのではないかと感じました。
例え低学年であっても練習しているならみんな試合に出たいはずですし、その経験がきっとキャッチバレーボールをもっと好きにするはずだと考えています。
その意味では意義は大きかったと思いますし、助っ人を集めてくれたお母さん方に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

大会全体に関して言えば、午前の部であのエンデバーズを破った豊二フレンズの強さはあっぱれ!だと思いますし、午後の部の優勝の富士見台は前期に向山が決勝で勝ったのですが、その悔しさをバネにきっと頑張った成果だと思います。
両チーム並びに決勝を戦ったエンデバーズ、サンフラワーズも立派だと思います。本当におめでとうございました!

20181216育成大会午後結果

20181216育成大会午前結果

2018年を振り返って

個人的にはこのサイトを始めた事で、多くのキャッチ関係者の方とお話しするきっかけが出来たと思いますし、色々と書き記すことでこどもに教えるっていうことはどういうことなのか?というのを考えるようになったと思います。読んでいただいた方、コメントいただいた方ありがとうございました。

向山ナインスターズ的にも、全体を見ると決して悪い年ではなくむしろ良い年だったのではないかと個人的には思います。
夏の大会でAB銅メダル、前期育成優勝という結果もさることながら、新たな仲間が一年を通して増えていき30人を超える所帯になった事はとても喜ばしい(運営は大変な面もあると思いますが)ことだと思います。

来年は、どこよりも団結力強く練習への姿勢もしっかりとした元気あるチームへ一段アップしていけたら最高ですね。

今年一年キャッチに関わる皆さん、子供たち、本当にお疲れさまでしたー!

※やっぱり最後は今年一番うれしかった瞬間の写真で締め!
2018前期育成大会優勝の瞬間

※最新情報は本サイトのTwitterFacebookからも発信していますので良かったらフォローをお願いします。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。