親子キャッチ教室

親子パス練習

おはようございます、KamiPapaです。

前回の記事が「何言ってるかよくわからん!」とお叱りのコメントを複数?頂きましたので、気を取り直して今回は書きます!

さて、昨日は向山ナインスターズ 年に一度の恒例の「親子キャッチ教室」が行われました。

これは、お父さんお母さん兄弟たちに参加いただき、子どもたちと一緒にキャッチバレーボールを楽しんでもらおうというもの。

ハルさんがよく言いっているように「キャッチバレーボールは言葉で聞いてもよくわからないスポーツ」。

もちろんいつも応援に来てくれている方も多いので見てはいると思うのですが、見るとやるでは大違い、というのもスポーツですよね。

ということで、数えたら今年は付き添いのちっちゃい子や監督コーチも合わせてなんと、総勢65が参加!

目いっぱい親子兄弟でキャッチを体感し楽しんでもらおうということで監督考案の以下メニューをみんなでやりました。

親子キャッチ教室スケジュール

親子チーム対決では、複数の親子混成でチームを作って対戦。

子どもがお父さんやお母さんに激を飛ばす姿があったり、普段とは違う楽しさがあったと思います。

(円陣組んで、ファイト!オーッ!)
親子チーム円陣

親VS子対決も盛り上がります。

「あのお母さん狙え!」とか子どもから容赦ない言葉が聞こえてきたり(笑)

普段「なんであれ取れないの~」なんて子どもにダメ出ししたりもあると思いますが、これで言いにくくなったりするかも!?

(お父さん渾身のサーブ!)

今年は、初めてのお父さんが5人も参加してくれたことが個人的にも特にうれしかったですね。

ジャンピング片手投げサーブのお父さん、滞空時間が長くフェイントしながらアタックを打つお父さん、転げながらキャッチするお父さん、みんなカッコよく見えたと思います!

蒸し風呂のような暑さでしたが、楽しくワイワイとしながら進んだあっという間の時間でした。

みなさんお疲れ様でした!

※最新情報はTwitterFacebookからも発信していますので良かったらフォローをお願いします。お問い合わせもお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。