2

キャプテンと選手宣誓と育成大会のこと

育成大会2018選手宣誓

こんにちは、KamiPapaです。
小6長女が今週は移動教室に行っておりましてお蔭様で家がとても静かです。毎朝恒例の姉妹バトルがないだけで当社比1/10の静けさで、次女が我が春を満喫してます(笑)。

さて、先日の前期育成大会を通して感じたことを忘れない内に記しておこうと思います。
タイトルは”部屋とYシャツと私”みたいになってしまった(古っ)

キャプテンについて

向山ナインスターズが今回の育成大会を戦うに当たり4年生からキャプテン1名、副キャプテン2名が選ばれました。
その子たちは、1ヶ月前に「キャプテンをやりたくない人~」と聞かれて手を挙げた中から、Iコーチに指名された子たちです。
やりたい子にやらすのではなく、キャリアが長い子、一番上手な子、目立って引っ張っていく子、でもなく「やりたくない」と手を挙げた子からの選出。
Iコーチがよく言ってますし、監督のハルさんもインタビューで仰ってましたが、「誰か一部の子が引っ張ればよいチーム」や「誰かに依存するチームは作りたくない」という考えが向山ナインスターズの運営方針にはあると思います。そしてみんなが出来ることをそれぞれが発揮できるチームにしたいと。

選ばれたキャプテンは、本来大人しいタイプでもないと思いますが、でも人前で発言したり・自分から動いてくようなことは出さない子に見えてました。
副キャプテン2人もそんな雰囲気に近かったり、また始めるのが少し遅かったので、1年生から始めている子たちにどこか遠慮がちだったり。
それをよしとはしない、「君たちが積極的にチームに参加することが必要なんだよ」というメッセージを込めての選出だったと思います。

選手宣誓のこと

そしてそして、今回幸運にも向山ナインスターズは選手宣誓の機会を得たのです。ダブルチャンス?(本人とってはピンチ?)
キャプテンの子が大きな声を出しているのもあまり聞いた事がなかったので「更にそんなことになって大丈夫かなあ」と勝手ながら心配してました。
そして当日、本当にドキドキでしたが、、、
「せんせーい!わたしたち選手一同はー!・・・」

聞いたことのない(笑)くらいの立派な大きな声でハキハキとした選手宣誓をしてくれました。冒頭の写真がその時のものです。
司会の方からも「大変元気な選手宣誓でしたね!」とのコメントもあり、きっと会場にいた人達にもそう思っていただけたのではないでしょうか。
個人的には、この瞬間で育成大会の半分くらいは終わったんじゃないか?というくらいの安堵感!?とうれしさがありました。

育成大会の意義

もしかすると小学校高学年になると、おおよそのキャラクターや個性は固まってくるのかもしれません。
だからこそ4年生以下の子達には、試合での経験はもちろんですが、チームでの役割などいろいろな経験やチャレンジをさせてあげることが重要なんだなあと感じさせられました。
今回、私も恥ずかしながら自分の型にはめて子ども達を見ていたことに気がつかされました。
「あの子にそこまでの負担大丈夫かな?」とか心配したりして。。。
でも、結果は上にあるようにすべては杞憂で終わり、予想外のパフォーマンスを発揮してくれました。
そして副キャプテン2人も試合含めて期待以上の動きをしてくれていたと思います。

本人たち大変だったと思いますが、お疲れさまでしたm(_ _)m

子ども達の潜在能力や可能性はとっても大きい。
時には少し背伸びさせたり、苦手なことにも向き合わせることも大事だと学びました。

私自身このような経験をさせてもらっている向山ナインスターズ、そしてキャッチバレーボールに感謝しています。

2018年前期育成大会 優勝の瞬間
(Iコーチのガッツボーズが印象的な優勝の瞬間)※Nパパ撮影の動画よりキャプチャ

ということで育成大会は学びが多いなあという話でした。
後期も頑張りましょう!

※最新情報は本サイトのTwitterFacebookからも発信していますので良かったらフォローをお願いします。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

Comments 2

  1. 前期育成大会優勝おめでとうございます。
    だれか一人の個の力だけに頼らず、サブのメンバー、指導者や、保護者、5、6年生の応援も含めて関係者皆で勝ち取った結果ですね。
    キャプテンの子は、選手宣誓を立派に務めました。ジーンときました。
    キャッチバレーに限らず子供の能力や適性って、親も指導者もどこにあるかも分からないのに、大人の勝手な価値観で子供達の限界を決めてしまいがちです。
    我々大人は、凝り固まった価値観に囚われず、子供に多くのチャンスを与えてあげることが本来の役割なんだと改めて感じました。
    挑戦した結果を褒めてあげることも勿論大事ですが、結果についてどうのこうの言うより、挑戦することへの手助けが一番大事なんですよね。
    Iコーチあっぱれです!

    1. Post
      Author

      他校卒業生さん、いつもありがとうございます。
      仰る通りで、挑戦することへの手助けが大事、とは正に感じたことでした。
      Iコーチに伝えておきます!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。