組合せ決定!前期育成大会 2018

2018前期育成大会3

こんばんは、Kamipapaです。
中村橋の阿波踊り前夜祭からさっき帰ってきました。雨の中ではありましたがちょっとでも雰囲気を味合えればということで。
明日は本番、雨が上がってくれるといいですね。。。
さて本題ですが、先ほど代表者会議にてキャッチバレーボール前期育成大会(9月16日(日)開催 )の組み合わせが決定したようです。

※育成大会とは、小学4年生以下の子供が出場可能な、試合経験を積むことを主眼とした行われる大会。
※その目的から純粋なトーナメントではなく、必ず1チーム2試合行う形式になっています。
※3セットマッチ(3セット目は5点先取)。各チーム2試合行った結果で上位4チームを決め、準決勝を8点先取(要確認)で行うようです。

ということで組み合わせとKamipapa的注目ポイントを簡単にご紹介します。

Aグループ:午前の部

2018前期育成大会2

向山ナインスターズはこちらに入りました。
しかも選手宣誓を引く強運?ぶり!(キャプテン頑張って)。

1試合目:vs リリーズinハイパー(田柄リリーズと光が丘ハイパーの合同チームのようです)
2試合目:vs 練東・北町連合

練東・北町連合さんとは同じブロックなので、育成合同練習でお互いを知る機会がありますね。
反対のBコートをよく見たらなんとオール桜台ブロックです。
運よく準決勝に進めたとしたら、レベルの高い桜台ブロック勢との対戦が濃厚そうです。

Bグループ:午後の部

2018前期育成大会1

個人的に注目の試合は、豊南パープルドルフィンズ vs 開一レインボーズ
豊南さんは、夏の大会の二部(5年生以下)に2チーム出してそして優勝した注目のチームです。
4年生以下もきっと選手層が厚いのでは?と勝手に推測しています。
そして、開一さんは同じ開進ブロックでいつも切磋琢磨している良き競争相手。お互い上位に行けると嬉しいですね。

勝つことが主眼では無い大会ではありますが、でも試合ですからやっぱり勝ちを目指してその中で、一生懸命日頃の練習の成果を出す為に取り組むことに意味があると思います。
そして大会の趣旨通り、今回初めて試合に出る子が沢山いるのでしょうから、この大会を通して一層キャッチが楽しくなってくれたら成功なんだと思います。
(初めてお子さんが試合に出るのを観るような親御さんにとっても感動のシーンが少なくても一回はあるかも!?)

一つ気になること

今回の育成大会は19チームが参加していますが、昨年の前期育成大会の出場チームを見返したら23チームでした。(協会HP参照
残念ながら参加チームが減っているということになります。
子供の数が少なくなっているのはキャッチバレーボールに限った話ではありませんので、どこも各年代カテゴリーのチームを維持することは簡単では無くなっているのだと思います。
そんな中で今回合同チーム(他チームと連合で出場しているチーム)が3つ出ていて、中でもヴィックロベアーズさんはチーム名から推測するにヴィクトリーとクローバーズとベアーズの3チーム合同でのエントリーのようです。
私ごときが言うのは恐れ多いですが、どんな形であってもチームを組成してエントリーする工夫であり素晴らしいなと感じました。

今を楽しむ一方でそんな現実もありますから決して楽観は出来ないなと。
引き続き微力でも自分で出来ることでキャッチバレーボールを盛り上げていきたいなと改めて思った次第です。
ともあれ、まずは育成大会盛り上がって行きましょうー^^

※最新情報は本サイトのTwitterFacebookからも発信していますので良かったらフォローをお願いします。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。